♪PROFILE♪


♪しげっちHP♪
♪jam ru TV♪
CJCのYoutubeチャンネル。
♪Recommend♪














♪free♪
♪カテゴリー♪
♪SELECTED ENTRIES♪
♪OTHERS♪
♪MOBILE♪
qrcode
♪SPONSORED LINKS♪

Study Talk

Jazzを演奏するのに必要なノウハウを初歩から、しげっち流にわかりやすく解説したり、お勧めの練習方法を紹介します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






| - | | - | - |
【Piano1台で演奏】左手をBassとして弾く
Piano1台だけで伴奏する、もしくは完全にソロで演奏する、ということにチャレンジし始めたばかりの頃って、
とりあえず左手でBassラインを弾くというスタイルが最初はやりやすいと思います。

Swingの場合、最初左手は2ビート弾いて、途中から4ビートにして…みたいに工夫したりね。


これはこれでやり始めたばかりの内は結構難しいんですよね。

左手、右手をバラバラに考えた時に、
それぞれはそんなに難しいことやってるわけじゃないんだけど、
両手とも同時に、ってなるとアタマがパンクしそうになったりして(笑)

このスタイルでアタマがいっぱいいっぱいになってる原因は、
左手のBassラインを考えることに脳みそのほとんど全部を使ってしまっているから。
または、
リズムをキープできなくてとっちらかってしまっているから。

まぁ、原因がわかったからって何か解決策があるわけでもなく、
単純に慣れるしかないわけなんですけど…

やっぱり1つコツを言うなら、
この時もペダルを踏まずにこのスタイルで通せるまでひたすら弾きまくるってことかな。

とにかくね、弾き方を覚えるとかフレーズを覚えるとか、そういうことじゃなくて、
プレイヤー自身のキャパシティを上げることが先決なわけです。
・リズムキープ
・リズムを出す
・リズムの表現力

という、リズム関連のスキルが足りないと、
リズムをキープする為になぜかフレーズを一生懸命考えちゃう、みたいな泥沼が待ってるわけで、
しげっちもこれには本当に悩まされました。

リズムを表現するには、それなりのフレーズがあるように思ってる人も多いと思いますが、
実はそんなことありません。
例えば同じSwingの2ビートだけみても、人によって表現方法や弾き方がだいぶ違っています。

でも、結果として表現しているのは2ビートSwing、みたいな。


これは、プレイヤー自身がきちんとSwing2ビートを感じて弾いているという共通点があるからだと思います。
4ビートでも同じことが言えますね。


そんなこと言ったって、っていう人もきっといることでしょう。
例えばベースラインについてですけど、
これは本物のBassの精度にはかなうはずありません。
でも、PianoはPianoなりのベースラインでいいんです。

もちろん、ある程度コードにヒットするようなラインじゃなきゃだめですよ?
そのうえで、リズムがきちんとキープできていれば、
そんなに難しいラインでなくてもある程度サマになって聴こえます。
グルーヴが出てれば、極端ですけど、1度と5度だけ、みたいなラインでもそんなに気になりません。

こだわる人は、Bassの教則本などで勉強すると、よりいい感じになることは間違いありませんが。


次の会で、ラインの音使いよりもっと大切なこと書きます。



 





| Piano1台で演奏 2 | 16:34 | - | - |
【Piano1台で演奏】左手をBassとして弾く その2
さっきの続きです。

左手をBassとして弾く場合、Bassラインよりも大事だと個人的に思うことを書きます。


結論から言うと、Piano1台のアンサンブル、というか、音の厚みというか、
「低音域の厚み」
その辺に関する考え方についてです。

左手をBassとして弾く場合でもそうでない場合でも、
とにかくPiano1台で伴奏をする際に、
とにかく克服しなければいけない重要なポイントです。

バンド生活のキャリアが長い人ほどつまづきやすいところかな?と個人的に思ってます。

「常に低い音が鳴ってないと不安、怖い」
と無意識に思ってしまうクセがついてませんか?


結果、音の厚みが足りなくて怖いから、
・ペダルを踏んで厚みを出しちゃう
・左手は常に4ビートで低いラインばかりを弾いてしまう
なんてことになってないかな?って。

左手をずっと4ビートで弾く、ということ自体は間違ってはいません。
そういう演奏の方が理にかなっていてBetterという場面は多々あります。

問題は、低音域をひたすら出し続けることで、変化に乏しいアンサンブルになってしまっているということです。
これがペダル踏みまくり(それこそベタ踏み)みたいな演奏につながってしまうと、
リズムがぼやけてしまい、クオリティ低下コース直行、みたいになっちゃいます。

怖がらずに、左手Bassを、ど真ん中のCのあたり(C4)でウォーキングすることを試してみてください。

低音域がなくなって、厚みが薄くなったアンサンブルになります。
ここで大切なのが、リズムキープのスキル。
厚みがなくなってもリズムはしっかりキープされてる状態を維持します。
しばらく弾いてると、だんだん低音域が欲しくなります。
そこで初めて低音域にBassラインを戻してあげればいいんです。


↑↑するとどうでしょう?
ちょっと風景に変化が出て、かつスリリングな感じになりませんか?

これは一例ですけど、ここで言いたいのは、
・低音を鳴らしっぱなしにしない
・低音の厚みがなくなることを怖がらない

ということです。



この低音のアンサンブルに関する感覚は、
Piano1台演奏をする上で、めっっっちゃくちゃ大事なことです。

ニガテという人も多いと思いますが、
リズムキープに慣れると全然たいしたことないものです。

難しいことじゃないんです。
このスリリングな感じが日常茶飯事ってくらい普通にやってれば、
当然のようにリズムキープ力も上がるし、あっという間に上達しますよ。
是非チャレンジしてみてください!
 





| Piano1台で演奏 2 | 16:58 | - | - |
【Piano1台で演奏】腕2本で3パート奏法
えっと…これは、、、なんていう奏法になるのか?自分もよくわかりませんが、
確実に存在する奏法です。

しかも、Piano1台で伴奏 or 完全なソロ演奏においての常套手段です。

広い意味でストライドになるのかな?
左手Bass奏法とストライド奏法の中間、とでも言うんでしょうか?(^ ^ ;

腕2本で3パート奏法、です(笑)
なんてネーミングしたらいいのかな?
コンピング奏法とでも言った方が当たってるかな?(笑)

左手Bass奏法でブイブイ言わせられるようになってくると、
それって段々飽きてきません?

しかも、上手い人って、実は左手Bass奏法ってあまりやらないですよね。

で、時々低い音をドンって弾いて、上で弾いて、おかずも入れて…でまた低い音をドンて弾いて、みたいな。
低いところと中・高音域を行ったり来たりする、アレです(笑)


これって、何かセオリーあるのかな?って最初思いません?
自分も思ってた時期があって、でも長年わからずにいて…

それで、プロの先生にレッスンしてもらってた頃、
この奏法のことをふと聞いてみたんです。

そしたら目から鱗的な返答が返って来て、1時間足らずのレッスンで答えを教わった感じでした。

ブログで上手く伝えられるかわかりませんが、ポイントは、
・低音域〜中/高音域を行ったり来たり
・低音が欲しくなったらドンと入れる
・とにかくリズムをきちんと出してあげさえすればOK

まとめるとこんな感じですかね。

(1) 低音域=Bass(左手)
(2) 中音域=コードバッキングやメロディ・おかず(ほとんど左手、時々右手)
(3) 高音域=メロディとかおかずとか(右手)


↑↑
これで(2)がまあ難しいわけですが。

前回の記事で書いた、
・低音域に関するアンサンブル
・リズムキープ

この2つが非常に重要な要素になってきます。

というか、この2つの要素を克服できてたら難しいことはありません。

実は、このコンピング奏法(仮)が、イントロ演奏に直結するスキルだと個人的に思ってます。


以前「セオリーがない」って言ったのはまさにこれのことで、
本当にセオリーってないんです。

これについてはセオリーないんで、
追い追いヒントを書いていきます。


なんかこのPiano1台演奏の章、書いてて楽しいな(笑)
 





| Piano1台で演奏 2 | 17:32 | - | - |
【Piano1台で演奏】コンピング奏法(仮)のヒント - 低音域 -
ここから先、特に個人的見解が増えます。
根拠やらセオリーやら、確かな情報が欲しい人はきちんとプロにレッスンを受けることをおすすめしますので、あしからず。。。



これは自分の体験談から来る話なんですが…


コンピング奏法(仮)をやるにあたって、
左手をドンて入れる部分についてヒントを。

この左手ドン、いつ、どんなとき、どのタイミングで?って気になりません?

決まった答えって特にないんですけど、例として、
.疋鵑辰1発入れたあと、
△靴个蕕低音を弾かずに、
1手メロディ+左手コード、でしばらく弾いててみて下さい。
げ疹節か進むと
だんだん低い音が欲しくなってきません?

このい、左手を入れるタイミングだと思って下さい。

ドン欲しい時がドン弾く時

です(笑)


↓↓ここから超個人的見解↓↓

このドン、ですが…

テンポとか関係なく考えて欲しいんですけど、
人間の耳って、何かの音を1発ドンて聞くと、
数秒間その音が鳴りっぱなしになってるような感じがするんです。

この習性をうまく利用する感じです。

この時間内は、左手は何やっててもOKで、これが切れたらまたドンが欲しくなる、みたいな感じですね。


これは高い音でも同じことが言えます。
低い音の方がインパクト強くて、持続時間長い気がしますけど。


こんな感じで、これをヒントに、上記い魍擇靴鵑撚爾気(*^▽^*)  





 





| Piano1台で演奏 2 | 18:00 | - | - |
【Piano1台で演奏】コンピング奏法(仮)のヒント - 低音域その2 -
前回の投稿で、
「ドン欲しい時がドン弾く時」
って言いました。

今回はこれに関する、ちょっとSな話です(笑)


内容は簡単な話。

ドン1発弾いたあと、ドン欲しくなってきたとします。
そこで次、あえてドン弾かないで、低音域のない薄いアンサンブルの空間を少し長目に引っ張ってみましょう。

で、「もうそろそろかな〜」ってところでまたドン弾くんです。

するとセオリーなしのランダムな感じが出ます。
かつ、スリリングな感じも表現できるわけですね。
これは、どのくらい空ければいいか?という決まりはありません。

これが、以前書いた「行ったり来たり」に相当する部分です。

低音ドンがあまりに定期的になりすぎると、
かえってめっちゃカッコ悪い演奏になりますんで、
ランダム感を出してプレイするのがコツです。


1つ注意点があるとすれば、
例えば歌判をこのコンピング奏法(仮)でやる場合なんかで、
あまりにドS過ぎる引っ張り方をしてしまうと、歌いにくくなっちゃうことがあります。

きちんとリズムをキープしつつ、
ちゃんと歌を聞きながら、
コンピング奏法(仮)を駆使して、
リズムを確実に出してあげる


ということが大切なわけですね。





| Piano1台で演奏 2 | 18:55 | - | - |
【Piano1台で演奏】コンピング奏法(仮)の参考音源がなかなかなくて…
なんか、勝手にコンピング奏法(仮)なんて呼び方してて、自分の中で定着しつつありますが(笑)

さて本件、実際にやってみようと思ってもそうすんなりいくほど甘くないわけでして…

今日は、自分がこの奏法を勉強し始まったばかりで苦戦してた頃、
先生から言われて助けられた言葉があるので、紹介します。


それは、、、


「PianoはPianoなりのやり方でいい。Vocalが歌えればいいわけだから。」

こんな言葉でした。


参考音源がなくて、しげっちが取った行動↓↓

・BassはBassの教本を読んで勉強した
・ギター1本での伴奏モノ、ギター1本のソロ演奏(主にJoe Passの演奏)を参考にした

こんな感じでいろいろやろうとしたわけです。
特にJoe Passの演奏は参考にしました。
でも結局行き着いた答えは、フレーズじゃなくて自分の「リズム」に問題がある、でした。

そこからは、このカテゴリの最初からずっと言ってる「リズム」の話につながってくるわけですが。

ちなみにPianoの参考音源については、
『People Time』という、Stan Getz(Ts)とKenny Barron(Pf)のDuo Liveの音源をかなり参考にしました。
このアルバムは今でもよく聞いてます。
超オススメです!! 






Bassの代わりにはならないし、
ギターの代わりにもならない。
PianoはPiano。
Pianoなりのやり方でいい。


自分はこの先生の言葉に救われたので、
しげっちと同じような境遇で迷走してしまってる人がいましたら、
少しでも気が楽になってくれればいいなと思って紹介しました。
(気は楽になってもやってることは難しいままですよ(笑))





 





| Piano1台で演奏 2 | 21:34 | - | - |
【Piano1台で演奏・リズム】"弾く"より"待つ"ことの方が大事
※今日のこれはこのカテゴリに入れましたが、Piano1台で演奏に限らず、JAZZ演奏全般で役に立つスキルだと思います。
コラム的に書きます。
(以前、「弾かない練習」なんて記事も書きました。)

JAZZ生活において、初心者で真面目に研究してる人ほど陥りがちな間違い。
それは、「音を入れるタイミング(弾くとこ)ばかり気にしてしまうこと」です。


ある程度経験を積んでくると、プロの音源を聴いてる時なんかに、
思ったより休符を長く取ってる部分があることに気がつく時が来ます。


これを「フレーズの引き出し」と思っていたりしませんか?

これはアドリブに限らず、イントロでもバッキングでも、またはバンドの編成も関係ありません。
JAZZ演奏全てにおいて共通です。


特にPiano1台で演奏したり歌版をやったりする時(バンド人数が少なくなればなるほど)、この要素の重要度が上がります。


スペース(=休符部分)もリズムの一部。
休符はお休みでなく、休符を演奏するもの。
いかに弾くか?いかに音を入れるか?だけではなく、
いかにスペースを空けるか?を考えて初めて解決する悩みは案外多いんです。

客観的に自分の演奏を聴いた時に、
・ガチャガチャしてるな〜
・落ち着きがないな〜
・歌いにくいって言われた
・もっと音を聴いてって言われた

とか、そんな風に感じた人は、弾いてリズムを作るんじゃなくて、
・弾かないでリズムを作る(スペースを駆使してリズムを作る)
・リズムが寄ってくるのを待つ(リズムを迎えにいかない)

ということを意識してみて下さい。

これが上手くいくと、
イントロ中、バッキング中、アドリブ中、どのシーンでも劇的に変わります。

逆にこれができないと、いわゆる「オレオレ主義」「人を立てられない」という演奏になってしまうんです。


■アドリブ中も…
アドリブ中だって関係してきます。
フレーズから次のフレーズまでの”間”ってすごく大切です。
スペースがないと、弾きっぱなし=垂れ流しになってしまいがちです。(あえてそういうスタイルもあるけど)
逆にスペースを活用できると、起承転結とかを作りやすくなります。


僕個人的な感想ですけど、
音を出すと、お客さんは押されたり圧迫された感覚になります。
逆に音を出さないと、お客さんは引っ張られる感覚になります。

お客さんを引き込みたいのなら、音を出さずに「待つ」ほうが演奏に引き込まれますよ。

コツは、弾いた時とスペース時のコントラストをハッキリさせることです。



 





| Piano1台で演奏 2 | 22:25 | - | - |
【Piano1台で演奏】生Piano vs キーボード
コンピング奏法を練習するにあたって、
普段生Pianoで練習してるか?キーボードで練習してるか?でも、本項は大きく違いがあります。
今日はキーボードで練習してる、という人向けの内容です。

しげっちはキーボード育ちなので、これに関しては本当に悩みましたし、気持ちはすごくわかります。

先生に教わってからいざ家で練習しようにも、
生Pianoだと上手くいったことがキーボードではどうも上手くいかなくて。

原因は音の(特に中〜低音部の)厚みなんですよね。
低音ドン弾いたあとの残響具合が薄くてやりずらいんですよ。

キーボードはね、どんな機材(本体/アンプ)だったとしてもEQのLOWをブーストしても音が薄いんです。
やっぱり生Pianoのあの感じ(音を切りたい時にスパっと切れるキレの鋭さ)はキーボードでは表現できません。
普通に演奏する分には問題ないのかもしれませんが、
初心者がコンピング奏法を練習していく過程においてはものすごく大きな問題となります。


そうは言ったって、無い物ねだりしても先には進みません。
根性で乗り切りましょう(笑)
しげっちは、ひたすらキーボードで練習して時々生Pianoのある場所を借りて練習し、の繰り返しでした。


ごめんなさい、これは具体的なアドバイスや解決策はわかりません。
ただ「根性」としか言えないですm(_ _)m


ただ、出来る前と後では、劇的に変わったことがあります。

それは、家でキーボードのみで練習ができるようになったことと、
他の人にマイナスワンを作ってあげられるようになったことの2点です。

どういうことか?っていうと、、、
コンピング奏法が出来なかった時はメトロノームどころか、PCの自動伴奏ソフトやマイナスワンなどに頼って練習していました。
または、テーマだけ先に自分で単音で弾いて録音し、それに合わせて伴奏するとか。

出来るようになってからは、これらが一切いらなくなりました。

それどころか、ボーカリストさんが新曲を練習する際に、
事前にマイナスワンを作ってあげられるようになったんです。それもオーダーメイドで。



しげっちはアパート暮らしなので、生Pianoは置けません(買えません!(笑))でした。
それでも苦節数年、ひたすら練習して練習して研究して研究して叩かれて叩かれて、、、
その末ようやく身につけたスキルは、生涯ジャズピアノ生活を送る上でかけがえの無い財産となりました。


具体的なアドバイスはできませんが、
「キーボードだから」という理由は言い訳にならないということを言いたかったんです。

頑張って下さいね!
 





| Piano1台で演奏 2 | 15:50 | - | - |